中学生の頃から二十歳過ぎまでずっと悩んでいました。

もう何十年も前の話ですが、中学生の頃だんだん女の子らしい気持ちが出てきてから気づいたことがありました。
なんだかお肌がパリパリしている、ほっぺたがカサカサしているしかもなんだか粉が出ている、鼻の頭もなんだか皮がむけている、極めつけはなんだか顔全体がかゆい。市販の化粧水をお風呂はあがりにつけてもすぐにまた元通りパリパリのお肌です。
そんな悩みが何年も続き、高校生大学生になり成長して常にやっぱり肌は冬になってもカサカサ、今まで気にならなかったかかとや膝肘腕すね、むしろ体全体が乾燥したものそのものでした。夏茂かかとはカサカサのままだしワセリンを塗っても結局朝はまたかさかさならなかったかかとや膝肘腕すね、むしろ体全体が乾燥したものそのものでした。夏も踵がカサカサのままだしワセリンを塗っても結局朝はまたカサカサ。
それにまたプラスして唇や髪も結局なんだかパサパサ、ガサガサだし乾燥したのが自分なんだって思い込んでいました。
年頃になってきて周りのお友達はとってもきれいなのになんで自分だけと言う気持ちになっていました。そんな時に気づいたことがあります。
油分が足りないんだと言うこと。
オイルと言う存在を知りました。化粧水を塗った後オイルを塗ると今までのが嘘のように朝起きてもお肌がプルプル。化粧のノリも随分よくなりました。
そのオイルが万能で髪の毛に塗るとドライヤーで乾かしたときにパサつかないし広がらない。それにもびっくり。今ではすっかりオイルなしでは生活出来ない体とかみのけになってしまいました。
これからはオイルに『様』をつけてきっと一生使っていくと思います!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です