中学生の頃から二十歳過ぎまでずっと悩んでいました。

もう何十年も前の話ですが、中学生の頃だんだん女の子らしい気持ちが出てきてから気づいたことがありました。
なんだかお肌がパリパリしている、ほっぺたがカサカサしているしかもなんだか粉が出ている、鼻の頭もなんだか皮がむけている、極めつけはなんだか顔全体がかゆい。市販の化粧水をお風呂はあがりにつけてもすぐにまた元通りパリパリのお肌です。
そんな悩みが何年も続き、高校生大学生になり常にやっぱり肌は冬になってもカサカサ、今まで気にならなかったかかとや膝肘腕すね、むしろ体全体が乾燥したものそのものでした。夏茂かかとはカサカサのままだしワセリンを塗っても結局朝はまたかさかさならなかったかかとや膝肘腕すね、むしろ体全体が乾燥したものそのものでした。夏も踵がカサカサのままだしワセリンを塗っても結局朝はまたカサカサ。
それにまたプラスして唇や髪も結局なんだかパサパサ、ガサガサだし乾燥したのが自分なんだって思い込んでいました。
年頃になってきて周りのお友達はとってもきれいなのになんで自分だけと言う気持ちになっていました。そんな時に気づいたことがあります。
油分が足りないんだと言うこと。
オイルと言う存在を知りました。化粧水を塗った後オイルを塗ると今までのが嘘のように朝起きてもお肌がプルプル。化粧のノリも随分よくなりました。
そのオイルが万能で髪の毛に塗るとドライヤーで乾かしたときにパサつかないし広がらない。それにもびっくり。今ではすっかりオイルなしでは生活出来ない体とかみのけになってしまいました。
これからはオイルに『様』をつけてきっと一生使っていくと思います!

 

足の先もかかとも手も指先も身体の先までケアしましょう

冬になると身体や顔ばかりでなく、かかとや手、指先の荒れが気になります。特に手には年齢が出ます。決め細やかだった手が毎日の家事、水仕事で長年働いてきた感を出し始めます。お顔のお手入れをしようとしてマッサージをしているときの手が荒れていたのでは顔も痛くて仕方ありません。時間毎に細やかに手のお手入れも必要になってきます。手や指先を見れば、年齢がわかります。指先の仕草で生活感や品格が表れます。ネイルをする前に指先のお手入れも忘れずにですね。そして、もうひとつ忘れてはいけないのが、靴下で隠れてはいますが、かかとのお手入れ。
毎日全体重を支えてくれている足の裏とかかとにも注目してお手入れしてあげましょう。これまた、歳を重ねるとかかとはまったくもって潤いを無くしてきます。皮が固くなって特に側面は本当に鏡餅のようにひび割れて来ます。
フットケアもしっかりしないといけませんね。
お湯に浸かって先ずは血行をよくするのに、足の裏やかかともしっかり揉みほぐしましょう。重い体重を支えてくれてありがとうの意味も込めて。そして、入浴後の潤いのある内に、忘れないように、かかともケア。クリームやローションも付けてしっかり浸透させます。手よりもかかとは1日の内お手入れ出来るのはこの入浴後だけ、に近い気がします。足の裏、かかと、そして手、指先までいつまでも若々しく潤いが続くように、細部まで気をつけて過ごしましょう。

 

秋頃になるといつもお肌の悩みが絶えません

秋頃になると段々と乾燥が目立ってきます。私は乾燥肌な上、敏感肌でもあります。本当に厄介です。化粧水も敏感肌用の化粧水じゃなければ、肌がヒリヒリして痛いです。まだ20代なのにシミとシワに悩まされる日々です。ファンデーションを塗っていくと目のあたりのシワやほうれい線のシワが目立ち、外出中も、どうしても気になってしまいます。内からでも、少しでも肌が綺麗になってくれるようにとビタミンCのドリンク剤やサプリメントを飲むようにしていますが、本当に効果があるのかは謎です。それでも以前よりはマシになりました。高校の時には悩まされなかった肌の問題も、今となれば毎日悩まされています。思えば大学入って、化粧を覚えた時から、肌の状態が変化していったのかもしれません。本当は何もしないのが一番なのかもしれませんね。周りの女性はあんなに肌が綺麗なのにどうして私だけ汚いんだと思ってしまいます。だれかに教えてもらいたいですが、人見知りの私には人に聞くのも怖いのでどうすることもできないです。あんまり酷いときは病院にお世話になろうかとも思っていますが、友達は皮膚科に行っても肌が改善されなかったと言っていたので行くのも迷うところです。

 

私の肌ってこんなに潤う余地があったんだ!

18歳頃のある日、母行きつけの化粧品屋さんについて行った時のこと。
ちょっとだけ毛穴エステを試させてもらった時、「肌が硬いかなー。乾燥気味なんじゃない?」と言われました。私的には「ちゃんと化粧水も乳液も使ってるし乾燥してないと思うけどなぁ」と思ったのですが、次から今まで使っていたティーン向けのラインから、同じメーカーのもう一つ上の年代(20代向けで保湿力が高めになってる)のラインに変えてみました。そしたらビックリ、化粧水と乳液という変わらないステップのはずなのに信じられないくらいしっとりして!私こんなに潤う余地あったんだ!って。
それからはこのラインを愛用しています。今考えたら、15歳(ティーンのライン使い始め)の肌と18歳の肌が同じはずが無いんですね。さらに私の場合は内部乾燥(見た目には乾燥してない)のせいでますます気づくのが遅れてしまいました(笑)
あれから保湿にはかなり敏感になりましたね。冬になったらクリーム足そうかな?とか、時間あるしシートマスクしようかな?とか。気をつけていればいるほど、なんだか楽しくなってくるという謎の状態も発症させながら(笑)、今日もたっぷりと潤いを届けるべくスキンケアを頑張っています。

 

歳と共に増えるお肌の悩み、これからも諦めません。

もともと肌は弱い方で、小学生の時からニキビなどで悩まされてきました。
病院で治療を受けていた事もあります。
今は大人になってだいぶ落ち着きましたが、やはりツルツルお肌には憧れます。
ちょうど二十歳くらいの時が一番調子が良かった気がします。
思えばその時はやりたいことをやって何もストレス無く楽しく過ごせていたなぁと懐かしくなります。

去年の夏に友達とプールに行った時に水着になったんですが、友達の背中がツルツルで羨ましくなりました。
自分の背中がどんな感じなのかは、見たのことがないので分からないけどツルツルでは無いと断言できます。

最近だと謎の湿疹も出来たりします、、悲しい。
やっぱり生活習慣を見直すことだと思うので、規則正しい生活がしたいんですが、なかなか難しいです。
そうなってくると、お金に余裕があれば皮膚科に通ってみたいなぁとも思ってます。
やはりキレイでいたいんですね、女子って。

あと大切なのはストレスをためないこと!
やりたいことは必ずやって、やりたくないこともたまにやる。
うーん難しい、やるべきことをやる、かな。
やっぱり基本を疎かにしちゃダメですよね。

二十歳の時のお肌は取り戻せないけど、今できることをしっかりやって行きたいな。

 

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !